都道府県・選挙区別

北海道 青森 岩手 秋田 山形 福島 宮城
東京 神奈川 茨城 栃木 千葉 埼玉 群馬 新潟
愛知 静岡 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 三重 和歌山
広島 岡山 島根 鳥取 山口
徳島 香川 愛媛 高知
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

北海道ブロック 東北ブロック 北関東ブロック 南関東ブロック
東京ブロック 北陸信越ブロック 東海ブロック 近畿ブロック
中国ブロック 四国ブロック 九州ブロック

  衆議院 東京 3区
石原宏高(いしはら ひろたか)
東京3区 自民 コメント(30)


落選
2012年衆院選候補
小選挙区当選
(得票数:122314 得票率:41.95%)
2014年衆院選候補
小選挙区当選
(得票数:115623 得票率:44.25%)
2017年衆院選候補

“朝鮮通信使”交流議員の会
外国人参政権反対派(当サイトの独自調査)
郵政民営化を堅持し推進する集い
人権擁護法案反対派
伝統と創造の会
83会(小泉チルドレン)
「両院議員総会開催を求める署名」名簿掲載者(賛同署名)
自民党拉致問題対策特命委員会
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「反対」と回答
世襲議員(石原慎太郎氏の子)
朝日新聞の集団的自衛権を行使可能にするべきかとの質問に「賛成」と回答

+5



松原仁(まつばら じん)
松原仁
東京3区 希望 コメント(489)


小選挙区当選
2012年衆院選候補
比例復活当選
(得票数:120298 得票率:41.26% 惜敗率:98.35%)
2014年衆院選候補
比例復活当選
(得票数:111353 得票率:42.62% 惜敗率:96.31%)
2017年衆院選候補


慰安婦問題と南京事件の真実を検証する会
北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟(事務局長)
永住外国人の地方参政権を慎重に考える勉強会
米国慰安婦決議反対
日本会議国会議員懇談会
人権擁護法案から人権を守る会
チベットの独立と自由を支持する会
国家基本問題研究所
北朝鮮人権救済法案
「1000万人移民」にNO! 国民集会に祝電
国立国会図書館法の一部を改正する法律案
教育基本法改正促進委員会
日本の領土を守るため行動する議員連盟(事務局長)
国防問題に関して対馬を視察した議員
皇室の伝統を守る一万人大会出席議員
民主党拉致問題対策本部(副本部長)
松下政経塾出身
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「反対」と回答
一新会(小沢グループ)
朝鮮学校無償化反対派
外国人参政権反対一万人大会(出席)
日韓併合の首相談話について「補償の話が蒸し返されてはならない」と申し入れた議員
日本国研究会(共同代表)
「中国人船長の処分保留と釈放に抗議する」声明文署名議員
菅氏の2011年新年会に参加した議員
小沢氏の2011年新年会に参加した議員
元民主党・民進党議員、議員候補
朝日新聞の集団的自衛権を行使可能にするべきかとの質問に「賛成」と回答
島根県主催の竹島式典へ参加した議員(2013年)
慰安婦問題意見広告「Yes, we remember the facts.」賛同議員
現役の閣僚で靖国神社へ参拝した議員
2015年民主党代表選細野豪志推薦人
外国人参政権に関し、「憲法違反。認めるわけにはいかない」と回答(MSN産経ニュース)
外国人参政権に関して、「地方公共団体の(中略)住民が、直接これを選挙する」とした憲法九十三条第二項の解釈について、最高裁の主文を政府が認めたことを確認(国会議事録:平成22年08月02日)   2
尖閣での衝突事件に関し「検察だけでなく、領土問題に甘い対応をとり、中国側につけ込むすきを与えてきたこれまでの自民党政権にも大きな責任がある」と発言(NHKニュース)
閣議決定された人権侵害救済法について「内閣の一員としては閣議決定されたことは受け止めていきたい」と語る(産経新聞)

+23(評価保留)



池田剛久(いけだ ごうきゅう)
未定 東京3区 未来 コメント(1)
2012年衆院選候補
落選
(得票数:25773 得票率:8.84% 惜敗率:21.07%)

朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「どちらかと言えば反対」と回答
元議員秘書(松原仁秘書)
朝日新聞の集団的自衛権を行使可能にするべきかとの質問に「どちらとも言えない」と回答

+1



香西克介(こうざい かつすけ)
未定 東京3区 共産 コメント(0)

2012年衆院選候補
落選
(得票数:23167 得票率:7.95% 惜敗率:18.94%)
2014年衆院選候補
落選
(得票数:34295 得票率:13.13% 惜敗率:29.66%)
2017年衆院選候補

朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「賛成」と回答
朝日新聞の集団的自衛権を行使可能にするべきかとの質問に「反対」と回答

-2




ページの上に戻る

_