都道府県・選挙区別

北海道 青森 岩手 秋田 山形 福島 宮城
東京 神奈川 茨城 栃木 千葉 埼玉 群馬 新潟
愛知 静岡 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜
大阪 京都 兵庫 滋賀 奈良 三重 和歌山
広島 岡山 島根 鳥取 山口
徳島 香川 愛媛 高知
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

北海道ブロック 東北ブロック 北関東ブロック 南関東ブロック
東京ブロック 北陸信越ブロック 東海ブロック 近畿ブロック
中国ブロック 四国ブロック 九州ブロック

  衆議院 千葉 6区
渡辺博道(わたなべ ひろみち)
千葉6区 自民 コメント(5)


落選
2012年衆院選候補
小選挙区当選
(得票数:69689 得票率:35.38%)
2014年衆院選候補
小選挙区当選
(得票数:77066 得票率:45.87%)
2017年衆院選候補

日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会(事務局次長)
人権擁護法案推進派
教育基本法改正促進委員会(委員長)
平和を願い真の国益を考え靖国参拝を支持する若手国会議員の会
「両院議員総会開催を求める署名」名簿掲載者(賛同署名)
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「反対」と回答
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「どちらかと言えば反対」と回答
児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律の一部を改正する法律案(H16.3.12)
児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律案(H11.3.31)

+4



生方幸夫(うぶかた ゆきお)
未定 千葉6区 立民 コメント(31)


小選挙区当選
2012年衆院選候補
比例復活当選
(得票数:46331 得票率:23.52% 惜敗率:66.48%)
2014年衆院選候補
落選
(得票数:50323 得票率:29.95% 惜敗率:65.30%)
2017年衆院選候補

リベラルの会
日朝友好議員連盟
恒久平和議連
パチンコチェーンストア協会
国旗及び国歌に関する法律に反対した議員
革マル派幹部逮捕を「不当な弾圧」とし、釈明を求める署名活動に賛同
イラクから自衛隊の撤退を求める緊急アッピールに賛同した議員
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「賛成」と回答   2
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「どちらかと言えば賛成」と回答
朝鮮学校無償化推進派
元民主党・民進党議員、議員候補
2012年民主党代表選鹿野道彦推薦人
朝日新聞の集団的自衛権を行使可能にするべきかとの質問に「反対」と回答
2012年冬民主代表選海江田氏推薦人
「今の民主党は権限と財源をどなたか一人が握っている」と小沢氏を批判し、副幹事長職を解任させられる(MSN産経ニュース)
総連中央の活動家などと共に、高校無償化から朝鮮学校を除外しないよう求める請願を手渡す(朝鮮新報)

-12



遠藤宣彦(えんどう のぶひこ)
未定 千葉6区 希望 コメント(20)


落選
2012年衆院選候補
落選
(得票数:29956 得票率:15.21% 惜敗率:42.99%)
2013年参院選候補
落選(27/30位)
得票数:7061 得票率:0.61%
2014年衆院選候補
落選
(得票数:15395 得票率:9.16% 惜敗率:19.98%)
2017年衆院選候補

官僚出身議員・議員候補(郵政省)
国籍法改正慎重派
83会(小泉チルドレン)
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「反対」と回答   2
元自民党議員
朝日新聞の集団的自衛権を行使可能にするべきかとの質問に「賛成」と回答
元日本維新の会
元 次世代の党

+3



鴈野聡(がんの さとし)
未定 千葉6区 みんな コメント(0)
2012年衆院選候補
落選
(得票数:24350 得票率:12.36% 惜敗率:34.94%)

朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「反対」と回答
朝日新聞の集団的自衛権を行使可能にするべきかとの質問に「賛成」と回答

+2



三輪由美(みわ よしみ)
未定 千葉6区 共産 コメント(0)
2012年衆院選候補
落選
(得票数:13511 得票率:6.86% 惜敗率:19.39%)
2014年衆院選候補
落選
(得票数:25242 得票率:15.02% 惜敗率:32.75%)

朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「賛成」と回答   2
朝日新聞の集団的自衛権を行使可能にするべきかとの質問に「反対」と回答

-2



白石純子(しらいし じゅんこ)
未定 千葉6区 未来 コメント(2)


落選
2012年衆院選候補
落選
(得票数:13139 得票率:6.67% 惜敗率:18.85%)

朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「どちらとも言えない」と回答
元国民新党議員
元 国民の生活が第一
朝日新聞の集団的自衛権を行使可能にするべきかとの質問に「どちらかと言えば反対」と回答

-1




ページの上に戻る

_