平成6年の「平和友好交流計画」に関する村山内閣総理大臣の談話へ署名した議員で絞込み
※いわゆる「村山談話」の前年に発表された談話。捏造が指摘される従軍慰安婦問題について、「心からの深い反省とお詫びの気持ちを申し上げたい」と記載されている。
参照:「平和友好交流計画」に関する村山内閣総理大臣の談話(外務省)

1村山富市(むらやま とみいち)
引退 大分1区 社民 コメント(55)



⇔同一選挙区候補
 吉良州司 希望  +1
 穴見陽一 自民  +2
 桑原宏史 維新  +2
 小手川裕市 未来  ±0
 染矢誠治 無所属  ±0
 山本茂 共産  -2

「在日韓国人政治犯の釈放に関する要望」署名議員
国旗及び国歌に関する法律に反対した議員
チュチェ(主体)思想研究会のセミナーへ祝賀メッセージを送付した議員
平成7年の村山談話「戦後50周年の終戦記念日にあたって」へ署名した議員   2
平成6年の「平和友好交流計画」に関する村山内閣総理大臣の談話へ署名した議員   2
阪神大震災発生時、米軍の救援活動申し入れを拒否
高見裕一議員(当時)からの自衛隊増員要請に対し、「高見は大げさだ」と発言しこれを無視(テレビ朝日「阪神淡路大震災10年目の証言 あの日 官邸応答せず」)
慰安婦問題について「心からの深い反省とお詫びの気持ちを申し上げたい」と発言(「平和友好交流計画」に関する村山内閣総理大臣の談話)

-7



2河野洋平(こうの ようへい)
河野洋平
引退 神奈川17区 自民 コメント(111)



⇔同一選挙区候補
 神山洋介 希望  ±0
 牧島かれん 自民  +3
 横田英司 共産  -2


日朝友好議員連盟
国籍法改正推進派
平成7年の村山談話「戦後50周年の終戦記念日にあたって」へ署名した議員   2
平成6年の「平和友好交流計画」に関する村山内閣総理大臣の談話へ署名した議員   2
慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話(Wikipedia)
クラスター爆弾禁止条約署名を先導(産経新聞)
「中国における遺棄された化学兵器の処理について誠実に取り組む」と発言(国会議事録:平成7年04月27日)
(在日外国人に対する、年金、児童手当、生活保護について)「日本の国の対応というものをもう一回見直す必要がある」と発言し、それぞれ支給を制度化するように要求(国会議事録:昭和55年04月23日)

-7



3野中広務(のなか ひろむ)
引退 自民 コメント(38)

日朝友好議員連盟
金正日総書記推戴の祝賀宴参加議員
憲法20条を考える会(幹事)
例外的に夫婦の別姓を実現させる会
平成6年の「平和友好交流計画」に関する村山内閣総理大臣の談話へ署名した議員   2
中国建国61周年を祝うレセプション出席議員
「日本は北朝鮮を植民地支配した。拉致など声高に騒ぐ話ではない」と拉致議連メンバーを牽制(朝日新聞)
民団主催のフォーラムにて、「欧米と比べても、日本だけが戦後処理が不十分であり、政治が一体となって参政権付与を実現するべき」と講演(中日新聞)
創価学会を批判する政教分離を貫く会に対し、「メンバーは公認を辞退すべきだと思う」と発言し圧力を加える(白川勝彦Web)
普天間基地移設問題で、地元関係者との信頼関係構築に腐心し、基本計画のまとめ上げに尽力(読売新聞:2010年5月26日)
尖閣問題に関する暴動について「こんな不幸な事件が起きたのは、全く日本の人間として恥ずかしいと、中国の皆さんに大変申し訳ないと、心からお詫びを関わってきた一人として申し上げる次第です」と発言(CCTV)

-7



4田中真紀子(たなか まきこ)
未定 新潟5区 民進 コメント(54)


小選挙区当選
2012年衆院選候補
落選
(得票数:51503 得票率:29.26% 惜敗率:63.99%)



⇔同一選挙区候補
 伊部昌一 社民  -1
 服部耕一 共産  -2

朝鮮学校無償化推進派(「早く政治判断で決めるべきだ。批判されることを覚悟の上でないと決められない」と述べる)
平成6年の「平和友好交流計画」に関する村山内閣総理大臣の談話へ署名した議員   2
朝日新聞の集団的自衛権を行使可能にするべきかとの質問に「反対」と回答
「拉致家族の子供は北朝鮮で生まれたから本来なら北朝鮮に返すべきじゃないですか? その辺のところを蓮池何とか(=透、被害者の薫さんの兄)さんはよく考えてください。」と発言
朝鮮学校への高校無償化適用について「白紙に戻る方が誠実ではないかと思う」と述べ、審査見送りを示唆(産経新聞)
大学新設を当初不認可とするも後に撤回し「今回逆にいい宣伝になって4、5年間はブームになるかもしれない」と語る(J-CAST)

-4



5園田博之(そのだ ひろゆき)
園田博之
九州ブロック 自民 コメント(26)


小選挙区当選
2012年衆院選候補
小選挙区当選
(得票数:102975 得票率:65.92%)
2014年衆院選候補
小選挙区当選
(得票数:101581 得票率:75.92%)
2017年衆院選候補


自民党朝鮮半島問題小委員会
アジア外交・安保ビジョン研究会
日朝友好議員連盟
靖国問題勉強会
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「どちらとも言えない」と回答
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「反対」と回答
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「どちらかと言えば反対」と回答
平成7年の村山談話「戦後50周年の終戦記念日にあたって」へ署名した議員   2
平成6年の「平和友好交流計画」に関する村山内閣総理大臣の談話へ署名した議員   2
日独交流開始150周年の決議に反対、退席した議員
TPP交渉参加反対に関する国会請願の紹介議員
元たちあがれ日本
朝日新聞の集団的自衛権を行使可能にするべきかとの質問に「賛成」と回答
元日本維新の会
元 次世代の党
民主党からの連立打診について「連立を組む意義を感じない」と発言(日経新聞)

±0



6高村正彦(こうむら まさひこ)
引退 山口1区 自民 コメント(22)


小選挙区当選
2012年衆院選候補
小選挙区当選
(得票数:133776 得票率:65.91%)
2014年衆院選候補
小選挙区当選
(得票数:120084 得票率:68.09%)



⇔同一選挙区候補
 高邑勉 民進  ±0
 藤井直子 共産  -2

アジア外交・安保ビジョン研究会
みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会
全国貸金業政治連盟パーティ券購入議員
靖国問題勉強会
アムネスティ議員連盟
外国人参政権賛成派
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「反対」と回答
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「どちらかと言えば反対」と回答
憲法20条を考える会(副代表)
平成6年の「平和友好交流計画」に関する村山内閣総理大臣の談話へ署名した議員   2
TPP交渉参加反対に関する国会請願の紹介議員
朝日新聞の集団的自衛権を行使可能にするべきかとの質問に「賛成」と回答
日韓漁業協定へ署名した結果、日本側暫定水域内での韓国漁船によるズワイガニ乱獲や違法操業を招く(外務省HP、Wikipedia)   2
慰安婦問題に関し「韓国で日本の軍が直接的強制連行をした事実はない。韓国以外ではあったが、日本軍による軍法会議で裁かれた」と述べ、強制連行があったとする韓国側の主張に反論(時事通信)

+1



7与謝野馨(よさの かおる)
与謝野馨
引退 東京1区 無所属 コメント(105)


比例復活当選



⇔同一選挙区候補
 海江田万里 立民  -9
 山田美樹 自民  +2
 野沢哲夫 未来  +2
 又吉光雄 無所属  +2
 冨田直樹 共産  -2
 加藤義隆 維新  +2
 伊藤希望 幸福  +2
 渡辺徹 次世代  +1
 亀山教明 無所属  ±0


人権擁護法案推進派
外国人参政権反対派(当サイトの独自調査)
移民1000万人受け入れ反対派
教育基本法改正促進委員会(顧問)
日本の領土を守るため行動する議員連盟(顧問)
「両院議員総会開催を求める署名」名簿掲載者(賛同署名)
憲法20条を考える会(副代表)
平成6年の「平和友好交流計画」に関する村山内閣総理大臣の談話へ署名した議員   2
環太平洋経済連携協定(TPP)推進派
外国人参政権の憲法上の問題点を指摘した「与謝野論文」を執筆(SANKEI EXPRESS)
中国の漁船衝突事件に関し、「この問題は既に解決済みと考えるのが正しい」と述べ、ビデオは公開すべきではないとの認識を示す(時事通信)

+3



8玉澤徳一郎(たまざわ とくいちろう)
引退 岩手4区(東北ブロック) 自民 コメント(1)



⇔同一選挙区候補
 小沢一郎 生活の  -26
 小原宣良 社民  -1
 高橋嘉信 自民  ±0
 及川敏章 民進  ±0
 高橋綱記 共産  -2

中国の抗日記念館から不当な写真の撤去を求める国会議員の会(顧問)
日華議員懇談会
日本の領土を守るため行動する議員連盟(顧問)
「特別永住者の選挙権を認める」と回答した議員
靖国神社「みたま祭り」へ献灯した議員
憲法20条を考える会(副代表)
平成6年の「平和友好交流計画」に関する村山内閣総理大臣の談話へ署名した議員   2

+3



9亀井静香(かめい しずか)
亀井静香
広島6区 無所属 コメント(256)


小選挙区当選
2012年衆院選候補
小選挙区当選
(得票数:91078 得票率:49.00%)
2014年衆院選候補
小選挙区当選
(得票数:89756 得票率:52.16%)



⇔同一選挙区候補
 小島敏文 自民  +2
 寺田明充 共産  -1


日朝国交正常化推進議員連盟(顧問)
国家基本問題同志会(座長)
官僚出身議員・議員候補(警察庁)
国籍法改正慎重派
中国の抗日記念館から不当な写真の撤去を求める国会議員の会(顧問)
靖国神社「みたま祭り」へ献灯した議員
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「どちらかと言えば反対」と回答
憲法20条を考える会(会長)
朝鮮学校無償化推進派
外国人参政権反対一万人大会(出席)
組閣後の省庁会見で会見室に設置された国旗へ一礼しなかった議員
平成6年の「平和友好交流計画」に関する村山内閣総理大臣の談話へ署名した議員   2
地下式原子力発電所政策推進議員連盟(顧問)
環太平洋経済連携協定(TPP)慎重派(「乗ってはならんバスに乗ってはいけない」と発言)   2
TPP交渉参加反対に関する国会請願の紹介議員
元自民党議員
元国民新党議員
元 日本未来の党
国際観光産業振興議員連盟
対中国ODA削減賛成派(「軍事力増強に手を貸せぬ」と発言)
元 みどりの風
外国人参政権について「(在日外国人比率が高い地域で日本人から)自分たちの意思が地方政治に反映されないという心配、不満が出てきても困る面もある」と述べ、慎重な姿勢を示す(時事通信)
事業仕分けのメンバーに外資系証券部長が起用された問題で、「事業仕分けは権力の行使そのもの。外国人を入れるのはおかしい」と批判(時事通信)
「権力の象徴である江戸城(跡地)にお住まいになるのは立場上ふさわしくないのではないか。京都か広島にお住まいになってはどうかと、陛下に一方的に申し上げた」と発言(47NEWS)
小沢氏の不動産問題に関し、「今の国民は相当数が大脳皮質で冷静に判断する能力をお持ちでない」と発言(読売新聞)
『極めて排他的な一宗教団体が、政治を襲断し、我が国を事実上支配しようとする構想を描いている』と手紙に記載し、創価学会を批判(白川勝彦Web)
ゆうちょ銀行の資金運用について、米国債や社債などに多様化していくべきだとの考え方を示す(asahi.com他)   2
『「人権侵害救済法案」を通すようなことになれば、「地方参政権付与法案」に反対している意味が無くなる』と回答し、人権侵害救済法反対を表明(博士の独り言)
北朝鮮とも縁が深い、イトマン事件の許永中被告から3000万円を受け取ったとの記事を書いた「噂の真相」を訴えるも、訴訟取り下げで和解(産経新聞)
記者クラブにオープン化を断られ クラブ非所属の記者向けに「もうひとつの記者会見」を断行(J-CAST)

+4




ページの上に戻る

_