児童ポルノ規制慎重派で絞込み
※児童ポルノ単純所持禁止に関し、当サイトでは中立的な立場を取ります。
 この法案に関する議論は野田聖子氏のページに多く寄せられているため、
 ご意見はそちらへのコメントにてお願いします。

1福島瑞穂(ふくしま みずほ)
福島瑞穂
比例代表 社民 コメント(457)


比例区当選(1位)


日朝国交正常化推進議員連盟(顧問)
百万人署名運動
恒久平和議連
戦時性的強制被害者問題解決促進法案
民団の外国人参政権推進集会に賛同
人権侵害救済法推進   2
二重国籍推進
不審船への船体射撃認可法案に対し反対・棄権した議員
国旗及び国歌に関する法律に反対した議員
人権擁護法案反対派
アムネスティ議員連盟(副会長)
特定船舶の入港禁止の実施に反対した議員
「女性国際戦犯法廷冒とく許すな 日朝女性緊急集会」に参加
「女子差別撤廃条約選択議定書」批准推進派
児童ポルノ規制慎重派
児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律案(H11.3.31)
『戦時性的強制被害者問題解決促進法案』の審議を要求する緊急集会参加議員
朝鮮学校無償化推進派
集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈について「見直す必要はない」と回答
政策CPプロジェクトへ(外国人参政権の)選挙権、被選挙権の両方を認めると回答
「慰安婦問題解決オール連帯ネットワーク」旗揚げ集会(メッセージ送付)
読売新聞の外国人参政権に関する質問に「賛成」と回答
選択的夫婦別姓について「賛成」と回答
日本版US-Visit法反対に関する院内集会(本人参加)
防衛庁設置法等の一部を改正する法律案(防衛省への格上げ案)へ反対・棄権した議員
永住外国人への地方選挙権付与に対し「賛成」と回答
中国建国61周年を祝うレセプション出席議員
民団の2011年新年会へ参加した議員(「今年こそ共生社会の中で地方参政権を実現したいと思っています」と発言)
外国人住民基本法案推進派
環太平洋経済連携協定(TPP)慎重派   2
TPP交渉参加反対に関する国会請願の紹介議員
「李明博韓国大統領の竹島上陸と天皇陛下に関する発言に抗議する決議案」に反対した議員
指紋採取の入管法改正は大問題〜3/27緊急集会(呼びかけ人)
従軍慰安婦捏造疑惑
「指導要領などに、竹島問題を書くことの是非については、慎重であっても良い」と発言(SBSニュース)
日教組の集会で演説し、「教育基本法をもとに戻し、教師の免許更新制など廃止をする」と発言(イザ!)
(ソマリアの海賊問題に関して)「自衛隊派遣は憲法と民主主義を踏みにじる」と発言(カナロコ)
(北朝鮮のミサイル問題に関し)「迎撃ミサイルが目標に当たったら残骸が落ちる」と政府の対応を批判(産経新聞)
「労働力不足を理由に、単純労働者(の移民)を受け入れることは慎重であるべき」と発言(産経新聞)
外国人参政権に関し、「今国会で成立させることに賛成だ」と発言(MSN産経ニュース)
民団の新年会にて、外国人参政権に関し「社民党も先頭に立って一緒に成立させたい」と発言(MSN産経ニュース)
自衛隊に関し「合憲を認めるか」との問いに「そうです」と渋々認める(時事通信)
麻薬密輸で死刑判決を下された日本人について、「日本人だから、中国の法律をよく知らなかったのだろう」と弁護し、死刑を執行しないよう要請(サーチナ)
普天間問題で辺野古への移設に反対し、鳩山首相により罷免される(MSN産経ニュース)
「在日米軍無しでも北朝鮮の脅威に対応できるか」との問いに、「そうですね…」と回答を避ける(TBS「Nスタ」)
北朝鮮のミサイル発射に対する談話で「政府がこの機会に乗じて、ミサイル防衛体制の整備を進めようとすることは問題である」と発言し、MD配備を批判(公式ブログ)
菅首相の邦人救出への自衛隊派遣発言に対し「これはひどい。自衛隊を派遣すれば、戦争に突入するかもしれない」と批判(MSN産経ニュース)
特定候補を応援するツイートを行うも、公職選挙法に触れる可能性を指摘され削除(J-CAST)

-34



2保坂展人(ほさか のぶと)
保坂展人
元職(現・世田谷区長) 無所属 コメント(68)


落選

落選(3位)


日朝友好議員連盟
百万人署名運動
恒久平和議連
民団の外国人参政権推進集会に賛同
衆議院法務委員
国立国会図書館法の一部を改正する法律案(提出者)
国旗及び国歌に関する法律に反対した議員
人権擁護法案反対派
クラスター爆弾禁止推進派
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「賛成」と回答
児童ポルノ規制慎重派(請願紹介)
朝鮮学校無償化推進派(朝鮮学校排除に反対する全国集会に参加)
集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈について「見直す必要はない」と回答
読売新聞の外国人参政権に関する質問に「賛成」と回答
選択的夫婦別姓について「賛成」と回答
日本版US-Visit法反対に関する院内集会(代理出席)
防衛庁設置法等の一部を改正する法律案(防衛省への格上げ案)へ反対・棄権した議員
永住外国人への地方選挙権付与に対し「賛成」と回答
外国人住民基本法案推進派
指紋採取の入管法改正は大問題〜3/27緊急集会(呼びかけ人)
外国人参政権について「納税義務と参政権はセットだと考える。『地方参政権』は幅広く認められてよいのではないか」と回答(名も無き市民の会)

-16



3枝野幸男(えだの ゆきお)
埼玉5区 立民 コメント(155)


小選挙区当選
2012年衆院選候補
小選挙区当選
(得票数:93585 得票率:45.37%)
2014年衆院選候補
小選挙区当選
(得票数:90030 得票率:46.09%)
2017年衆院選候補



⇔同一選挙区候補
 牧原秀樹 自民  +7
 高木秀文 希望  ±0

チベット問題を考える議員連盟(代表)
恒久平和議連
衆議院法務委員
人権侵害救済法推進(閣議決定)
国立国会図書館法の一部を改正する法律案
ラーの会(ビビンバの会)
国旗及び国歌に関する法律に反対した議員
年金制度改革案を共同発表した議員
地方参政権に関し、「定住外国人の選挙権のみ認める」と回答
外国人参政権賛成派
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「どちらとも言えない」と回答   2
児童ポルノ規制推進派
児童ポルノ規制慎重派(請願紹介)
菅氏の2011年新年会に参加した議員
環太平洋経済連携協定(TPP)推進派(「世界の流れから遅れてしまうと、結果的に日本により不利な条件が押しつけられる」と述べる)
マルクス主義青年同盟(がんばろう!日本!!国民協議会)から献金を受けていた議員
元民主党・民進党議員、議員候補
朝日新聞の集団的自衛権を行使可能にするべきかとの質問に「どちらとも言えない」と回答
マルクス主義青年同盟(がんばろう!日本!!国民協議会)関係者
TPP交渉促進議員連盟(呼びかけ人)
「傍論といえども最高裁の見解なのは間違いない。行政府で(傍論と)異なる見解をとることは憲法に照らして許されない」と述べ、外国人参政権推進を表明(MSN産経ニュース)
「日本は植民地を広げる側で、中国や朝鮮半島は植民地として侵略される側になったというのは、歴史的な必然だった」と発言(朝日新聞)
外国人参政権に関し、「国益にかかわる部分がある。丁寧に整理すべきで拙速にできない」と発言(産経新聞)
平成8年の衆院選に立候補した際、警察当局が左翼過激派の革マル派幹部と判断している人物との間で、「推薦に関する覚書」を交わす(MSN産経ニュース)
「(中国は)あしき隣人だが、隣人は隣人だから、それなりの付き合いをしていかなければならない。米国や韓国のような政治体制や価値観を共有できる国とは違う」と発言(時事通信)
自民議員の鬱陵島視察計画について「合法的に入国するわが国の国会議員にそのような対応をすることは受け入れられない」と述べ、韓国政府の対応を批判(時事通信)

-7



4川田龍平(かわだ りゅうへい)
比例代表 結い コメント(33)

2013年参院選候補
比例区当選(1/15位)
得票数:117389 得票率:21.99%

外国人参政権反対派(「大都心の人口の少ない地域で、在日外国人を使った他国の政治介入が心配」と記載)
戦時性的強制被害者問題解決促進法案(提案者)
民団の外国人参政権推進集会に賛同
人権侵害救済法推進(「法務省から独立した差別被害の救済制度をつくる」と記載)
二重国籍推進
参議院本会議で国籍法改正に反対した議員
特定船舶の入港禁止の実施に反対した議員
クラスター爆弾禁止推進派(「非人道兵器の禁止に向けてイニシアチブを取る」)
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「反対」と回答
児童ポルノ規制慎重派(請願紹介)
元みんなの党
朝日新聞の集団的自衛権を行使可能にするべきかとの質問に「反対」と回答
「特別永住外国人について、参政権及び公務就業権を認める」と記載(公式ホームページ)
「規制緩和万能の『構造改革』を中止し、過剰な競争が行われている分野に対する監視と規制を行う」と記載(公式ホームページ)
「日の丸・君が代など、子どもに対する特定の思想・宗教の押し付けを禁じる」と記載(公式ホームページ)
「思いやり予算を全廃し、最終的には自衛隊と在日米軍を解消する」と記載(公式ホームページ)
「従軍慰安婦問題などの戦後問題などについて、真摯に調査し、積極的な解決を目指す」と記載(公式ホームページ)
口蹄疫流行に関し、「宮崎県職員、地元自治体、地元の畜産家のみなさん、陸上自衛隊のみなさん、農林水産省専門官の努力が報われることを祈ってやみません」と記載(公式ブログ)

-7



5中村哲治(なかむら てつじ)
中村哲治
未定 奈良2区 生活の コメント(16)

2012年衆院選候補
落選
(得票数:19200 得票率:10.34% 惜敗率:22.13%)
2014年衆院選候補
落選
(得票数:38781 得票率:24.71% 惜敗率:40.31%)



⇔同一選挙区候補
 高市早苗 自民  +15
 和泉信丈 共産  -1


朝鮮半島問題研究会(常任幹事)
在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟
リベラルの会
地方参政権に関し、「定住外国人の選挙権のみ認める」と回答
平頂山事件に関し日本政府に公式謝罪を要求した議員
外国人参政権賛成派
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「どちらかと言えば賛成」と回答   2
児童ポルノ規制慎重派
環太平洋経済連携協定(TPP)慎重派(「私たちはTPP反対」)
消費税増税に反対し民主党を離党した議員
元民主党・民進党議員、議員候補
元 国民の生活が第一
朝日新聞の集団的自衛権を行使可能にするべきかとの質問に「賛成」と回答
元 日本未来の党
妻の自殺の大きな要因が中村氏の度重なるDVだったことが、遺族や友人らの証言で明らかになり、遺族から「いまだにきちんとした謝罪の言葉もない」と糾弾される(奈良日日新聞)
子供手当を外国籍の、海外在住の子供たちの分まで支給することについて、「反対です」と回答(公式Twitter)

-6



6谷岡郁子(たにおか くにこ)
未定 比例代表 みどり コメント(27)

2013年参院選候補
落選(1/1位)
得票数:51367 得票率:46.30%

在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟
平頂山事件に関し日本政府に公式謝罪を要求した議員
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「どちらかと言えば反対」と回答
児童ポルノ規制慎重派
小沢グループ
2011年民主党代表選海江田万里推薦人
TPP交渉参加反対に関する国会請願の紹介議員
消費税増税と原発再稼動に反対し民主党を離党した議員
元民主党・民進党議員、議員候補
朝日新聞の集団的自衛権を行使可能にするべきかとの質問に「反対」と回答
いわゆる「従軍慰安婦問題」を教科書に載せるよう出版社へ指導すべきと主張する「歴史教科書と国連人権委員会による従軍慰安婦についての勧告に関する質問主意書」を提出(参議院ホームページ)
「宮崎県の農業研究所(?)の職員が口蹄疫蔓延のきっかけになった農場でバイトをしていたという噂が流れている。宮崎県がこれを隠蔽して、声高に国の責任を叫んだということだが本当なのだろうか?」と発言し、東国原知事から「農業研究所って一体どこですか?」と指摘され発言を削除(公式Twitter、asahi.com)   2  3

-3



7松浦大悟(まつうら だいご)
未定 秋田1区 希望 コメント(16)

2013年参院選候補
落選(2/4位)
得票数:194497 得票率:39.00%
2017年衆院選候補



⇔同一選挙区候補
 冨樫博之 自民  +2
 齊藤大悟 共産  ±0

参議院法務委員会
平頂山事件に関し日本政府に公式謝罪を要求した議員
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「どちらとも言えない」と回答
児童ポルノ規制慎重派(請願紹介)
マスコミ関係者(秋田放送アナウンサー)
2011年民主党代表選前原誠司推薦人
TPPを慎重に考える会
TPP交渉参加反対に関する国会請願の紹介議員
元民主党・民進党議員、議員候補
朝日新聞の集団的自衛権を行使可能にするべきかとの質問に「どちらかと言えば反対」と回答
2012年冬民主代表選馬淵氏推薦人
TPPについて、「アメリカやヨーロッパは日本の何倍もの戸別所得補償をもらっているので自由貿易に耐えられる。日本がそのような条件をクリアできれば、TPPへの参加も検討可能」と記載

-2



8宮崎岳志(みやざき たけし)
群馬1区 希望 コメント(4)


小選挙区当選
2012年衆院選候補
落選
(得票数:35074 得票率:16.67% 惜敗率:37.03%)
2014年衆院選候補
比例復活当選
(得票数:49862 得票率:26.56% 惜敗率:80.52%)
2017年衆院選候補



⇔同一選挙区候補
 店橋世津子 共産  -2
 尾身朝子 自民  ±0

朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「どちらとも言えない」と回答
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「どちらかと言えば反対」と回答
児童ポルノ規制慎重派
政権交代をめざす市民の会関係者(公設・私設の2人を秘書として採用)
2011年民主党代表選馬淵澄夫推薦人
尖閣問題に関し「領土を守る国家としての強固な意志を示すこと」とする申し入れを行った議員
TPP交渉参加反対に関する国会請願の紹介議員
元民主党・民進党議員、議員候補
朝日新聞の集団的自衛権を行使可能にするべきかとの質問に「どちらかと言えば反対」と回答
2015年民主党代表選細野豪志推薦人

±0



9鈴木寛(すずき かん)
未定 東京 民進 コメント(31)

2013年参院選候補
落選(6/20位)
得票数:552714 得票率:9.80%



⇔同一選挙区候補
 丸川珠代 自民  +2
 円より子 民進  -16
 山口那津男 公明  -13
 武見敬三 自民  +3
 植松恵美子 希望  -2
 吉羽美華 希望  -2
 山本太郎 無所属  -2
 丸子安子 みどり  -2
 又吉光雄 無所属  +2
 西野貞吉 無所属  +2
 犬丸勝子 無所属  -1
 石井義哲 次世代  +2
 吉良佳子 共産  -2
 吉田晴美 立民  -2
 マック赤坂 無所属  -2
 中松義郎 無所属  +1
 桐島ローランド みんな  +2
 小倉淳 維新  +2
 鈴木信行 新風  +2

官僚出身議員・議員候補(通商産業省)
参議院法務委員会
国籍法改正推進派
皇室の伝統を守る一万人大会出席議員
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「どちらとも言えない」と回答
児童ポルノ規制慎重派(請願紹介)
2012年民主党代表選野田佳彦推薦人
朝日新聞の集団的自衛権を行使可能にするべきかとの質問に「どちらとも言えない」と回答

±0



10倉田雅年(くらた まさとし)
引退 静岡6区(東海ブロック) 自民 コメント(2)


落選



⇔同一選挙区候補
 渡辺周 希望  +14
 勝俣孝明 自民  +2

人権擁護法案反対派
「両院議員総会開催を求める署名」名簿掲載者(賛同署名)
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「どちらとも言えない」と回答
児童ポルノ規制慎重派

+1



11早川忠孝(はやかわ ちゅうこう)
未定 埼玉4区 自民 コメント(11)


落選



⇔同一選挙区候補
 神風英男 民進  +6
 豊田真由子 無所属  +2
 桜井晴子 共産  -2
 小笠原洋輝 無所属  ±0

真の人権擁護を考える懇談会
みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会
衆議院法務委員
官僚出身議員・議員候補(自治省)
郵政民営化を堅持し推進する集い
日教組問題究明議員連盟
「生活安全保障勉強会」準備会出席議員
人権擁護法案反対派
平和を願い真の国益を考え靖国参拝を支持する若手国会議員の会
「両院議員総会開催を求める署名」名簿掲載者(賛同署名)
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「反対」と回答
児童ポルノ規制慎重派

+6



12吉田泉(よしだ いずみ)
未定 福島5区 希望 コメント(14)


小選挙区当選
2012年衆院選候補
比例復活当選
(得票数:54497 得票率:30.99% 惜敗率:88.70%)
2014年衆院選候補
落選
(得票数:60041 得票率:39.33% 惜敗率:84.44%)
2017年衆院選候補



⇔同一選挙区候補
 吉野正芳 自民  +3
 熊谷智 共産  ±0

慰安婦問題と南京事件の真実を検証する会
永住外国人の地方参政権を慎重に考える勉強会
米国慰安婦決議反対
国立国会図書館法の一部を改正する法律案
皇室の伝統を守る一万人大会出席議員
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「どちらかと言えば反対」と回答
児童ポルノ規制慎重派(請願紹介)
一新会(小沢グループ)
元民主党・民進党議員、議員候補
朝日新聞の集団的自衛権を行使可能にするべきかとの質問に「どちらかと言えば賛成」と回答
2012年冬民主代表選馬淵氏推薦人
慰安婦問題意見広告「Yes, we remember the facts.」賛同議員
パチンコ換金完全違法化請願を紹介(名も無き市民の会)

+7



13三橋貴明(みつはし たかあき)
未定 比例代表 自民 コメント(64)


落選(26位)

外国人参政権反対派
人権擁護法案反対派
児童ポルノ規制慎重派(「いわゆる「非実在児童」を含めることについては、日本の言論の自由を守る立場から強く反対」と記載)
2.2 頑張れ日本!全国行動委員会結成大会
集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈について「見直すべきだ」と回答
読売新聞の外国人参政権に関する質問に「反対」と回答
選択的夫婦別姓について「反対」と回答
永住外国人への地方選挙権付与に対し「反対」と回答
人権侵害救済法慎重派(『北朝鮮の拉致問題を追及している方々が、「彼らの活動が、在日朝鮮人の心を傷つけた」という理由で告発されかねない』と指摘)
財政健全化先送り派(「財政再建を急がなければならない理由がさっぱりわかりません」と記載)

+7



14赤池誠章(あかいけ まさあき)
赤池誠章
比例代表 自民 コメント(196)


落選
2013年参院選候補
比例区当選(8/29位)
得票数:208319 得票率:4.76%


米国慰安婦決議反対
正しい日本を創る会
チベットの独立と自由を支持する会
衆議院法務委員
国籍法改正慎重派
『国籍法改正案を検証する会合』に賛同する議員の会
「国籍法改正案」緊急対策会合(幹事)
衆院本会議「国籍法一部改正案採決」に反対して退出した議員
伝統と創造の会(事務局長)
国防問題に関して対馬を視察した議員
「女子差別撤廃条約選択議定書」批准慎重派
「特別永住者の選挙権を認める」と回答した議員
83会(小泉チルドレン)
外国人参政権反対集会(祝電を送付)
皇室の伝統を守る一万人大会出席議員
靖国神社「みたま祭り」へ献灯した議員
自民党拉致問題対策特命委員会
松下政経塾出身
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「反対」と回答
児童ポルノ規制慎重派(「改正のための立法事実がないのではないかと思っています」と記載)
2.2 頑張れ日本!全国行動委員会結成大会
外国人参政権反対一万人大会(出席)
教育再生国民集会in山梨(主催)
国籍問題を検証する議員連盟
朝日新聞の集団的自衛権を行使可能にするべきかとの質問に「賛成」と回答
不法滞在のフィリピン人家族問題に関し、マスコミと反日的日本人の対応を批判(本人公式ブログ)

+20




ページの上に戻る

_