ラーの会(ビビンバの会)で絞込み
1仙谷由人(せんごく よしと)
仙谷由人
未定 徳島1区 民進 コメント(262)


小選挙区当選
2012年衆院選候補
落選
(得票数:39402 得票率:35.38% 惜敗率:66.52%)



⇔同一選挙区候補
 岡本芳郎 自民  +3
 後藤田正純 自民  +3
 仁木博文 希望  -1
 古田元則 共産  -2


在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟
旧社会党議員
人権侵害救済法推進
国立追悼施設を考える会(発起人)
国立国会図書館法の一部を改正する法律案
ラーの会(ビビンバの会)
大阪経済法科大学関係者(客員教授)
外国人参政権賛成派
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「賛成」と回答
「菅談話」について閣僚として署名した議員
チュチェ(主体)思想研究会のセミナーへ祝賀メッセージを送付した議員
菅氏の2011年新年会に参加した議員
環太平洋経済連携協定(TPP)推進派
原発推進派・脱原発慎重派(原発ゼロ主張に対し「選挙に向けた政治運動論」と批判)
朝日新聞の集団的自衛権を行使可能にするべきかとの質問に「どちらかと言えば賛成」と回答
「北朝鮮は、現状を素直に認めて、国際社会に援助を請うべき」と提言
外国人参政権・移民などの問題について、「3年なり5年なり実績を積めば、市民権の保証を行うことが重要」と回答(未来のためのQ&A)
「消費税を20%にしても追いつかない」と述べ、消費税率の大幅引き上げもやむを得ないとの見方を示す(読売新聞)
外国人参政権などについて「民主党としてはなるべく早く実現させたいという立場だ。菅内閣も基本的にはそういう考え方だ」と発言(MSN産経ニュース)
口蹄疫に関し「県や町の瑕疵等の問題は脇に置いて、汚染源の解消に注力すること」と、国の責任を回避するかのような表現の指示書を送る(宮崎日日新聞)
戦後補償に関し「法律的に正当性があると言って、それだけで物事は済むのか」と述べ、日韓基本条約を無視し政府として新たに個人補償を検討していく考えを示す(MSN産経ニュース)
国会議員経費の削減に関し、「みんなが低い方に合わせるように足を引っ張り合うことが果たしていいのか」と発言し、議員歳費の引き下げに反対(MSN産経ニュース)
東シナ海ガス田開発に関する条約締結延期について「漁船の違法操業とはレベルの違う話だ。延期と言われても困る」と発言し、「日本の海上保安庁、捜査当局の対応は極めて当然で適切だ」と強調(スポニチ)
「日本が侵略、及び侵略的行為によって(中国に)被害をもたらしていることも間違いない」と発言(時事通信)
丸山議員の「日本が中国の属国になる」との懸念に対し「属国化は今に始まったことではない」と応じた、と暴露される(読売新聞)
「海保員は、時が時なら銃殺刑。盗撮した読売はお家取りつぶし」とオフレコで発言したと伝えられる(オフィス・マツナガ)
自衛隊は要最小限度の実力組織(軍事組織ではない)」とする政府の見解に反し、「暴力装置でもある自衛隊、ある種の軍事組織でもありますから」と発言し後に謝罪(日刊スポーツ)

-14



2辻元清美(つじもと きよみ)
大阪10区 立民 コメント(157)


小選挙区当選
2012年衆院選候補
比例復活当選
(得票数:65411 得票率:33.29% 惜敗率:91.98%)
2014年衆院選候補
小選挙区当選
(得票数:61725 得票率:34.35%)
2017年衆院選候補



⇔同一選挙区候補
 大隈和英 自民  +2

日朝友好議員連盟
百万人署名運動
恒久平和議連
民団の外国人参政権推進集会に賛同
国立国会図書館法の一部を改正する法律案(提出者)
ラーの会(ビビンバの会)
国旗及び国歌に関する法律に反対した議員
地方参政権に関し、「定住外国人の選挙権・被選挙権を認める」と回答
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「賛成」と回答
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「どちらかと言えば賛成」と回答   2
防衛庁設置法等の一部を改正する法律案(防衛省への格上げ案)へ反対・棄権した議員
中国建国61周年を祝うレセプション出席議員
元民主党・民進党議員、議員候補
元社民党議員
朝日新聞の集団的自衛権を行使可能にするべきかとの質問に「反対」と回答
2015年民主党代表選岡田克也推薦人
北朝鮮との国交正常化を最優先すべき(ガールズ・ビー・ポリティカル)
(北朝鮮拉致問題に関して)「北朝鮮には補償を何もしていないのだから、あたりまえの話です。そのこととセットにせずに、「9人、10人返せ!」ばかり言ってもフェアじゃないと思います」と発言(ガールズ・ビー・ポリティカル)
副大臣就任に際し、「やだ、やだ、やだ!」と就任を拒絶(MSN産経ニュース)
副大臣辞任に際し「国交省には利権の巣窟のイメージがあったが、(職員の)みんなが変えていこうという思いに賛同してくれた」と涙ながらに語る(読売新聞)
「消費税も含めて議論をすることをタブーにしてはならない」と、消費税増税の議論が必要との考えを表明(日経新聞)

-14



3加藤紘一(かとうこういち)
加藤紘一
引退 山形3区 自民 コメント(95)


小選挙区当選
2012年衆院選候補
落選
(得票数:70303 得票率:35.24% 惜敗率:97.96%)



⇔同一選挙区候補
 吉泉秀男 社民  -2
 佐藤丈晴 維新  +2
 阿部寿一 希望  +3
 長谷川剛 共産  -2


日朝国交正常化推進議員連盟(顧問)
アジア外交・安保ビジョン研究会
民団の外国人参政権推進集会に賛同
官僚出身議員・議員候補(外務省)
国立追悼施設を考える会(発起人)
ラーの会(ビビンバの会)
靖国問題勉強会
「両院議員総会開催を求める署名」名簿掲載者(呼びかけ人)
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「賛成」と回答
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「どちらかと言えば賛成」と回答
中国建国61周年を祝うレセプション出席議員
TPP交渉参加反対に関する国会請願の紹介議員
朝日新聞の集団的自衛権を行使可能にするべきかとの質問に「どちらとも言えない」と回答
拉致家族戻すべきだった(J-CAST)
従軍慰安婦認定(外務省)
独断訪朝した山崎拓氏を「半年後くらいには意味があったと理解されるのではないか」と擁護(時事通信)
(専門分野に特化した政治家を増やすため)「小選挙区制を中選挙区制に戻す必要がある」と発言(読売新聞)
「尖閣諸島の領土問題は存在しない」という主張について「日中関係の改善の役に立たない」指摘し、中国側に誠意を示すよう主張(サーチナ)
レーダー照射問題について「ほんとに(中国は)やったのかな…」と述べ日本政府の主張に疑念を示す(産経新聞)
河野談話について「安倍晋三首相がどう書き換えるのか、(中国は)注目している」と見直しを牽制(産経新聞)

-13



4山崎拓(やまさきたく)
山崎拓
引退 福岡2区 自民 コメント(78)


落選



⇔同一選挙区候補
 稲富修二 希望  ±0
 鬼木誠 自民  +2
 小谷学 未来  ±0
 倉元達朗 共産  -2


日朝国交正常化推進議員連盟(会長)
自民党朝鮮半島問題小委員会
統一教会の合同結婚式に祝電を送った議員
アジア外交・安保ビジョン研究会
人権擁護法案推進派
日朝友好議員連盟
みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会
国立追悼施設を考える会(会長)
ラーの会(ビビンバの会)
全国貸金業政治連盟パーティ券購入議員
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「どちらとも言えない」と回答
核実験やって良かった(日テレ)
北朝鮮による弾道ミサイル発射を「北朝鮮の(米国への)ラブコール」と発言(毎日新聞)
渡航自粛先の北朝鮮へ独断で訪問(西日本新聞)
統一教会ルートで金正日総書記から招待状を受け取る(ZAKZAK)
「私は政策的に公明党に極めて近い。入党したいぐらいだ」と発言(夕刊フジ)
外国人参政権に関し「主権の侵害につながりかねない」と記載し、反対を表明(公式ホームページ)

-10



5枝野幸男(えだの ゆきお)
埼玉5区 立民 コメント(155)


小選挙区当選
2012年衆院選候補
小選挙区当選
(得票数:93585 得票率:45.37%)
2014年衆院選候補
小選挙区当選
(得票数:90030 得票率:46.09%)
2017年衆院選候補



⇔同一選挙区候補
 牧原秀樹 自民  +7
 高木秀文 希望  ±0

チベット問題を考える議員連盟(代表)
恒久平和議連
衆議院法務委員
人権侵害救済法推進(閣議決定)
国立国会図書館法の一部を改正する法律案
ラーの会(ビビンバの会)
国旗及び国歌に関する法律に反対した議員
年金制度改革案を共同発表した議員
地方参政権に関し、「定住外国人の選挙権のみ認める」と回答
外国人参政権賛成派
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「どちらとも言えない」と回答   2
児童ポルノ規制推進派
児童ポルノ規制慎重派(請願紹介)
菅氏の2011年新年会に参加した議員
環太平洋経済連携協定(TPP)推進派(「世界の流れから遅れてしまうと、結果的に日本により不利な条件が押しつけられる」と述べる)
マルクス主義青年同盟(がんばろう!日本!!国民協議会)から献金を受けていた議員
元民主党・民進党議員、議員候補
朝日新聞の集団的自衛権を行使可能にするべきかとの質問に「どちらとも言えない」と回答
マルクス主義青年同盟(がんばろう!日本!!国民協議会)関係者
TPP交渉促進議員連盟(呼びかけ人)
「傍論といえども最高裁の見解なのは間違いない。行政府で(傍論と)異なる見解をとることは憲法に照らして許されない」と述べ、外国人参政権推進を表明(MSN産経ニュース)
「日本は植民地を広げる側で、中国や朝鮮半島は植民地として侵略される側になったというのは、歴史的な必然だった」と発言(朝日新聞)
外国人参政権に関し、「国益にかかわる部分がある。丁寧に整理すべきで拙速にできない」と発言(産経新聞)
平成8年の衆院選に立候補した際、警察当局が左翼過激派の革マル派幹部と判断している人物との間で、「推薦に関する覚書」を交わす(MSN産経ニュース)
「(中国は)あしき隣人だが、隣人は隣人だから、それなりの付き合いをしていかなければならない。米国や韓国のような政治体制や価値観を共有できる国とは違う」と発言(時事通信)
自民議員の鬱陵島視察計画について「合法的に入国するわが国の国会議員にそのような対応をすることは受け入れられない」と述べ、韓国政府の対応を批判(時事通信)

-7



6東順治(ひがし じゅんじ)
東順治
引退 九州ブロック 公明 コメント(15)


比例区当選


日朝国交正常化推進議員連盟(顧問)
日韓海底トンネル推進議員連盟
日朝友好議員連盟
恒久平和議連
国立追悼施設を考える会(発起人)
ラーの会(ビビンバの会)
中国建国61周年を祝うレセプション出席議員
TPP交渉参加反対に関する国会請願の紹介議員

-6




ページの上に戻る

_