「在日韓国人政治犯の釈放に関する要望」署名議員で絞込み
※いわゆる大韓航空機爆破犯、シンガンス(辛光洙)の釈放嘆願署名

1千葉景子(ちば けいこ)
千葉景子
未定 神奈川 民進 コメント(644)


落選(4位)



⇔同一選挙区候補
 畑野君枝 共産  -5
 金子洋一 民進  +9
 小泉昭男 自民  +3
 松田学 次世代  +4
 甲斐敬浩 新党改革  +1
 中西健治 みんな  +1
 田中朝子 みんな  +3


朝鮮半島問題研究会(顧問)
在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟
新政局懇談会
恒久平和議連
戦時性的強制被害者問題解決促進法案
民団の外国人参政権推進集会に賛同
旧社会党議員
「在日韓国人政治犯の釈放に関する要望」署名議員
人権侵害救済法推進
参議院法務委員会(理事)
二重国籍推進
国籍法改正推進派
国旗及び国歌に関する法律に反対した議員
アムネスティ議員連盟(事務局長)
外国人参政権賛成派
戸籍法を考える議員連盟
慰安婦保障と外国人参政権を要求する「川崎・富川市民集会」へ祝電
児童ポルノ規制推進派(単純所持禁止)
児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律案(H11.3.31)
『戦時性的強制被害者問題解決促進法案』の審議を要求する緊急集会参加議員
政策CPプロジェクトへ(外国人参政権の)選挙権、被選挙権の両方を認めると回答
組閣後の省庁会見で会見室に設置された国旗へ一礼しなかった議員
日本版US―Visit法の廃止に関する請願
「菅談話」について閣僚として署名した議員
永住外国人への地方選挙権付与に対し「賛成」と回答
外国人住民基本法案推進派
参議院法務委員会にて国籍法に異議を申し立てる丸山和也議員に対し「座れ」と恐喝(参議院インターネット審議中継)
河野太郎氏のブログを「面白い」と発言(本人から聴取)
不法滞留の韓国人家族に対する在留特別許可を求める裁判に圧力を加える(ハムケ横浜だより)
入国管理局の不法滞在外国人通報システムを批判(国会議事録:平成16年04月07日)
人権侵害救済機関について「国際的にみても(設置が)当たり前の機関だ」と発言(MSN産経ニュース)
昭和63年3月26日の国会答弁で委員としてシンガンス事件を聞いていたにも関わらず、確信犯的に韓国人政治犯釈放署名を提出
不法滞在者の扱いに関し、「温かい目を向けていく方向にしていきたい」と発言(MSN産経ニュース)
中国残留孤児の孫を騙り、国外退去を命じられた姉妹に在留特別許可を出す(読売新聞)
永住資格を得られるまでの期間を、5年程度に短縮することなどを検討(NHKニュース)
不法滞在で最高裁から国外退去を命じられたインド人一家5人に在留特別許可(asahi.com)

-30



2山下八洲夫(やました やすお)
山下八洲夫
未定 岐阜 民進 コメント(27)


落選(3位)



⇔同一選挙区候補
 渡辺猛之 自民  +2
 小見山幸治 民進  -1


日朝国交正常化推進議員連盟
朝鮮半島問題研究会(常任幹事)
在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟
新政局懇談会
日朝友好議員連盟
恒久平和議連
旧社会党議員
「在日韓国人政治犯の釈放に関する要望」署名議員
国旗及び国歌に関する法律に反対した議員
外国人参政権賛成派
戸籍法を考える議員連盟
政策CPプロジェクトへ(外国人参政権の)選挙権、被選挙権の両方を認めると回答
防衛庁設置法等の一部を改正する法律案(防衛省への格上げ案)へ反対・棄権した議員
永住外国人への地方選挙権付与に対し「賛成」と回答
領土問題を扱う高額本の押し売り団体に関与し、名義貸し料を受け取る(朝日新聞)

-14



3菅直人(かん なおと)
菅直人
東京18区 立民 コメント(579)

2014年衆院選候補
比例復活当選
(得票数:89877 得票率:38.79% 惜敗率:84.68%)
2017年衆院選候補



⇔同一選挙区候補
 土屋正忠 自民  +7
 鴇田敦 希望  ±0


日朝国交正常化推進議員連盟(顧問)
「在日韓国人政治犯の釈放に関する要望」署名議員
国立国会図書館法の一部を改正する法律案
国旗及び国歌に関する法律に反対した議員
アムネスティ議員連盟
外国人参政権賛成派
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「賛成」と回答
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「どちらとも言えない」と回答
「菅談話」について閣僚として署名した議員
政権交代をめざす市民の会関係者(「草志会」より多額の寄付を行う)
元民主党・民進党議員、議員候補
朝日新聞の集団的自衛権を行使可能にするべきかとの質問に「どちらとも言えない」と回答
アニメ・漫画などの表現規制慎重派
北朝鮮のあの大きな銅像も倒れる日が来ると確信している(毎日新聞)
「ミサイルの発射を探知する偵察衛星は日本自身がもっと充実させる必要がある」と発言(管直人公式ブログ)
民主党の裏マニフェストを批判した土屋氏に対し、離党勧告を通知
「中国のお客さんが来日するには、貯金の残高を証明しないといけない。日本に来にくい仕組みになっている」と述べ、観光ビザ発給要件緩和を主張(時事通信)
在日韓国人政治犯の釈放署名について、「対象の中に辛光洙が入っていたことを十二分に確かめずに署名したことは間違いだった。従来から反省している」と発言(MSN産経ニュース)
普天間移転に関し「基地問題はどうにもならない、もう沖縄は独立した方がいい」と発言し、中国人から「独立させてから中国の属国にせよ」などのコメントを受ける(MSN産経ニュース、サーチナ)   2
靖国神社に関し「首相在任中に参拝するつもりはない」と発言(MSN産経ニュース)
「核抑止力は、我が国にとって引き続き必要だ」と発言(asahi.com)
「(首相就任後)半年たった。これまでは『仮免許』だったが、これからが本番で、自分の色を出していきたい」と語り、批判を浴びる(時事通信)   2
国会での虚偽答弁の責任は「内容次第」とする政府答弁書を決定(MSN産経ニュース)
「万が一の時に北(朝鮮)におられる拉致被害者をいかに救出できるか。いろいろと考えておかなければいけない」と問題提起するも後に釈明(asahi.com、毎日新聞)   2
よど号事件を起こした田宮高麿氏と、日本人拉致疑惑で国際指名手配された森順子容疑者の長男、森大志候補へ「市民の党」を介して迂回献金疑惑(収支報告書他)   2  3  4
永住外国人に地方参政権を付与する民主党の方針について「変えることも含めて検討する」と述べ、見直す考えを示す(日経新聞)

-12



4江田五月(えだ さつき)
江田五月
岡山 民進 コメント(75)


選挙区当選(1位)



⇔同一選挙区候補
 山田美香 自民  +1


マイク・ホンダ関係者
旧社会党議員
「在日韓国人政治犯の釈放に関する要望」署名議員
人権侵害救済法推進
参議院法務委員会
国立追悼施設を考える会(発起人)
国旗及び国歌に関する法律に反対した議員
アムネスティ議員連盟(会長代行)
外国人参政権賛成派
『戦時性的強制被害者問題解決促進法案』の審議を要求する緊急集会参加議員
政策CPプロジェクトへ(外国人参政権の)選挙権、被選挙権の両方を認めると回答
永住外国人への地方選挙権付与に対し「賛成」と回答
中国建国61周年を祝うレセプション出席議員
菅氏の2011年新年会に参加した議員
2012年民主党代表選野田佳彦推薦人

-10



5土井たか子(どい たかこ)
死去 社民 コメント(37)

日朝友好議員連盟
恒久平和議連(最高顧問)
旧社会党議員
「在日韓国人政治犯の釈放に関する要望」署名議員
国旗及び国歌に関する法律に反対した議員
金正日総書記推戴の祝賀宴参加議員
「女子差別撤廃条約選択議定書」批准推進派
地方参政権に関し、「定住外国人の選挙権・被選挙権を認める」と回答
「生活保護法、国民健康保険法というのは国籍条項を置いたままになるのですね。どのようにこの点は今後改革を迫られるか」と発言し、生活保護などの国籍条項撤廃を要求(国会議事録:昭和56年05月27日)

-8



6渕上貞雄(ふちがみ さだお)
渕上貞雄
引退 社民 コメント(1)


日朝友好議員連盟
「在日韓国人政治犯の釈放に関する要望」署名議員
不審船への船体射撃認可法案に対し反対・棄権した議員
国旗及び国歌に関する法律に反対した議員
特定船舶の入港禁止の実施に反対した議員
朝銀問題に関し、「朝鮮総連に対する強制捜査は不当な政治弾圧」と抗議した議員
政策CPプロジェクトへ(外国人参政権の)選挙権、被選挙権の両方を認めると回答
防衛庁設置法等の一部を改正する法律案(防衛省への格上げ案)へ反対・棄権した議員

-8



7村山富市(むらやま とみいち)
引退 大分1区 社民 コメント(55)



⇔同一選挙区候補
 吉良州司 希望  +1
 穴見陽一 自民  +2
 桑原宏史 維新  +2
 小手川裕市 未来  ±0
 染矢誠治 無所属  ±0
 山本茂 共産  -2

「在日韓国人政治犯の釈放に関する要望」署名議員
国旗及び国歌に関する法律に反対した議員
チュチェ(主体)思想研究会のセミナーへ祝賀メッセージを送付した議員
平成7年の村山談話「戦後50周年の終戦記念日にあたって」へ署名した議員   2
平成6年の「平和友好交流計画」に関する村山内閣総理大臣の談話へ署名した議員   2
阪神大震災発生時、米軍の救援活動申し入れを拒否
高見裕一議員(当時)からの自衛隊増員要請に対し、「高見は大げさだ」と発言しこれを無視(テレビ朝日「阪神淡路大震災10年目の証言 あの日 官邸応答せず」)
慰安婦問題について「心からの深い反省とお詫びの気持ちを申し上げたい」と発言(「平和友好交流計画」に関する村山内閣総理大臣の談話)

-7




ページの上に戻る

_